PTSD 克服 方法

Image Replacement

PTSDや恐怖症の克服方法について

PTSDやトラウマで人生に未来を感じられず、生きることが困難な生活をしている人に、PTSDやトラウマ・恐怖症を克服する方法の紹介です。

PTSDや恐怖症で日常生活が困難な人は

k-59.gif

過去に大きな事故や事件でPTSDになった人や恐怖症になって、それが原因で仕事や生活に支障をきたす場合は深い悩みの種になったいることでしょう。
普通はそのような場合は心療内科か精神科に通院する、またはカウンセリングを受けるなど、何かしら恐怖症などの改善や克服をするために行動しているのではないでしょうか。

それでも何年も通い続けても一向に良くならない・・・
それよりますます恐怖の対象が増えたり、パニックの回数が頻繁になったり・・・
最近は心療内科や精神科に受診すると、あまり話を聞いてくれないのにすぐ薬を処方される・・・
その薬の副作用でますますひどくなる・・・

薬は人によってはアレルギーを起こす場合がありますから、薬そのものを受けつけない体質の人もいるでしょう。
今は本当は薬を必要としないくらい軽いうつの症状の人でも、製薬会社の宣伝により薬で治すものだという認識が広がり過ぎています。
確かに薬物療法で効果のある人もいるでしょうが、心の問題は薬で治るほど簡単ではないということはあなた自身が御存じのはずです。
まして薬にアレルギーのある人はなおさらです。

心療内科も薬物療法もカウンセリングもやったけど効果がなかった人もあきらめずに自分自身と向き合う機会が与えられたと思ってこの際、心というものについて考えてみるといいと思います。

パニックが起きそうになったら自分で自分を客観的に見る

例えば高所恐怖症飛行機恐怖症などでは、飛行機に搭乗する前あたりから体が震えたり、冷や汗が出たり、呼吸が速くなったりすることがありますが、その時自分で
「きっと良くないことが起きるから怖い(飛行機が落ちるかもしれない)と私は思っている。」
とまず、自分の否定的な思考を自分で認めてしまいましょう。
そのうえで、
「ふーん、そうなんだ、飛行機が落ちると思っているんだ。」
とまるで第三者のようにその否定的思考を認めるのです。
または
「ふーん、飛行機が落ちるかもしれないとさっきまで思っていたんだ。」
というように過去形を使ってもいいでしょう。
もうそれは過去のことであると断定してしまうのです。
そうすると不思議と恐れや不安が解消する人が多いのです。

人生を変えるレポート

自分の生き方に
自信がない・・・


でもこのままで
いいんだろうか・・・


いや、いいはずがない!

自分を変えてもっと人生を楽しみたい!

そんなあなたに読んでほしいレポートです。

今なら無料で手に入れる事ができます。

>>レポートを無料で
手に入れる!<<


副作用なし!!
不眠症で悩む人や
朝スッキリ起きられない人に!

⇒■睡眠障害の改善に!
光目覚ましPER3